投稿日:2023年1月17日

知っておきたい!外壁塗装工事における下地材について

こんにちは!
大阪府大阪市を拠点に、大阪府松原市や八尾市などの近畿地方一帯で、リフォーム・住宅塗装・店舗工事業者として活躍する株式会社サンクレアと申します。
皆様は外壁塗装工事における下地材についてご存知でしょうか?
今回は、下地材とは何かという基本的な知識に加え、そのメリット・デメリットまで詳細にご紹介いたします。

下地材とは

外壁塗装
下地材とは、壁や天井に取り付けられる、構造物の強化や建築物の土台にするために使用される基材のことです。
その種類には、セメントや樹脂を利用したサイディングや、トタン・アルミニウム・銅板といった金属類でできた外壁材もあります。
また、最近は主流ではありませんが、セメントや砂などを水で混ぜたモルタルという外壁材や、高いデザイン性で人気の高い、木材の板を利用した下地材も存在しています。

下地材別の耐用年数

耐用年数とは、主に資産を利用できる期間のことですが、どの下地材であっても、10年おきに塗装をすることが望ましいと言われています。
それぞれの耐用年数は、金属類の下地材と木材がだいたい10年から30年程度、サイディングは一般的に20から40年程度です。
モルタルは、 30年以上の耐用年数が認められており、例外として、銅板のみ50年以上の耐用年数があり塗装は必要のない下地材です。

メリット・デメリット

最も安価で利用できる外壁材はサイディングであり、金属は、断熱性が高く軽量であるため耐震性に優れているというメリットがあります。
木材は、見た目がおしゃれで人気の高いデザイン性ですが、劣化しやすいデメリットがあり、頻繁にメンテナンスを行わないといけません。
また、天然素材であるためカビや苔などが生えやすく、価格も高くつきやすいでしょう。
モルタルは、ひび割れしやすいデメリットがあることから、対策として弾力性がある塗料を使うこともあります。

サンクレアへご相談ください!

お問い合わせ
株式会社サンクレアでは、法人様・個人様を問わず、ご依頼を承っております!
弊社は15年以上の業歴がございますので、あらゆる箇所・材質の塗装工事に対応しております。
全ての施工を誠実かつ確実に行うことを常に心掛けておりますので、安心してご依頼ください。
皆様からのご相談をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社サンクレア
〒547-0012 大阪府大阪市平野区長吉六反1-4
TEL/FAX:06-6777-5808


関連記事

梅雨入り前に雨漏り対策はいかがですか?

梅雨入り前に雨漏り対策はいかがですか?

そろそろ梅雨入りしそうな今日この頃。 お住まいの雨漏り対策は万全ですか? 定期メンテナンスの重要性に …

塗装工事や内装リフォームのことは弊社にご相談ください!

塗装工事や内装リフォームのことは弊社にご…

こんにちは!株式会社サンクレアです。 弊社は、大阪府大阪市平野区に拠点を構え、近畿地方各地で、外壁塗 …

施工実績7

施工実績7

こんにちは!大阪府大阪市の株式会社サンクレアです。 弊社は近畿地方各地において、外壁塗装を中心とする …

お問い合わせ  採用情報